麦酒おやじの「どないやねん?」

ビール好きおやじの戯言

お仕事の話

f:id:asayan_mugisyu:20180710224336j:plain

どもども。

更新はできる時はやるということで

今日は、激暑い日でした。これからどうなるねん><

 

トマテミス杯

せっかく私を応援してくれる人がいるので

期待に応えるため頑張らねば。明日は特訓するのだ!

 

ツィートでもしましたが

密かに大洗社員旅行を画策中~

社長案の淡路島VS人事案の大洗!

神戸から淡路って・・・30分でいけるやん

長期戦なので、じっくり攻めていきます。

 

閑話休題

今回は人事評価制度の話

大中企業では、人事評価制度があります。

昇給昇格、賞与の査定で運用してます。

特に賞与に大きく影響します。

この制度は企業の独自のものや、様々なものを取り込み複合的なもの

あります。

が!

意外にもこの制度は、よその企業への流出するのが珍しい。

人事制度を作る際、理想を求め企画するが、愚かな評論家風情の経営者が

邪魔をしてうまく通らず、結局スタンダート(コンサルが提案するような)を

採用することになるでの、中途半端でこじつけの制度のため

よその企業が真似してもメリットがないからです。

 

うちの会社の場合、人事制度を作る際、基本理念があります。

強い組織を作るを大柱として考える。

愚かな責任者はいらないということに主眼をおいてます。

上司と親は選べません、エゴ丸出しの上司、自分の責任は部下の責任

部下の武功は上司の武功、好き嫌いで部下を評価する。

権限委譲することは責任を背負うことすらわからない上役

この手の輩は組織を醸成するという面で、邪魔で異物であるという認識で

排除すべきというところに重きをおいてます。

現に7月1日に執行役員に昇格した人がたった3日で降格しました。

しかも課長へ←こやつ自ら地雷を踏んで自爆だったのですが

その彼を推薦した取締役は、6ヶ月の減給

徹底してます。

部署の不和は、その部門長の責任となります。

 

あ~恐ろしや。

もう少し話をしたいのですが長くなるので

今日はこの辺に。